CMシステムについて

弊社は日本式のCM(コンストラクションマネジメント)を取り入れています。
CMとはアメリカで生まれた、建築生産システムのひとつです。

そもそものCMは、アメリカが図面に記載がないものや見積にないものは一切施工しない「契約社会」・「訴訟社会」であること事を大前提としているからこそ出来るシステムでありますが、具体的には建築主がコストダウンを図る為に、各専門工事会社やメーカーと個別に、しかも直接、契約を結ぶ(いわゆる分離発注)方式のことです。

従来のシステム

従来の建築システム

建築主が建築請負会社に一切を任せてしまうため、実際に現場で行われている作業の詳細を把握できません。
また、設計事務所と現場の作業を行う会社が直接のやりとりを行わないため作業工程に無理が生じる可能性がある。

CMシステム

AgecのCMシステム

弊社が建築請負会社・設計事務所・現場の作業を行う会社との間にはいりプロジェクトマネジメントを行います。建築請負会社に丸投げせず、現場の作業を行う会社への直接の指示も行うため、無駄な作業の削減ができます。
また、弊社が現場にて品質管理を行うことで建築品質の工場にもつながります。

建築には素人である建築主が工程管理や品質管理などを出来るはずがないので、通常、建築主は、CM業者に「工事会社の選定、工程管理、品質管理」を委託し、CMrがアドバイスを行いながら進めます。
これがCMの始まりですが、現在はそのプロジェクトに合致したシステムを採用されています。
現在の日本では、クライアントのため、あるいはクレーム対応が大変ということもあり、図面に記載されていないものまで、品質確保のために行うこともあります。なぜなら建設会社がアフター面でもほとんどの面倒をみているからです。よって、アメリカのシステムを採用すれば誰がアフター面での保障するのかが曖昧になりクライアントも安心できません。
そういった意味では、ある程度日本では建設会社に任せることをお勧め致します。(海外では第3者に保障をしてもらえることもあります。)

一方、建設会社の現状は多忙を極めています。
人材がいない中、見積内容や現場での管理が甘いものになっています。
また、現場では社員ではなく、派遣社員が非常に増加しています。
派遣社員が自社の技術を短期で把握するには、建設業界では不可能に近いです。
そういった見解から、今までの建設会社とはコスト・技術管理が甘くなっているので第三者である弊社を採用し、工程管理、品質管理を行うことが有益になります。
特に、コスト面では余裕のもった見積書を提出されることが多く、その判断が困難です。
たとえば、一式表現でされる見積内容の値段交渉は素人では対応できません。
ですので、最終的には積もりあがった見積を基に、内容が合致しているかわからずして、値段だけで交渉してしまうのです。

上記のとおり、技術の低下、見積内容の低下を省き、健全な建設会社を選択することが発注者責任として発生してきます。その発注者責任をフォローすることが弊社の目指すものです。

エージェックのCMシステムについて
ご質問やお問い合わせ等お気軽にご連絡ください。
(全国どこでも対応可能です)

お電話でのご相談も受け付けています 電話06-6538-7881

(平日 9:00-17:00)