AGECブログ

今さら聞けない!危機管理とリスク管理の違いは?


今さら人には聞けない!リスク管理と危機管理の違いはご存じでしょうか?

危機管理とは、「すでに起こってしまったトラブルに関して、事態がそれ以上悪化しないように状況を管理すること」。
例えば、地震発生時に社員を迅速に安全な場所へと避難させるのは危機管理です。

リスク管理とは、「これから起こる可能性のある危機・危険に備えておくための活動」と定義できます。
先の例でいうと、地震発生時に備えて避難訓練を実施したり、防災用品を備蓄したりするのがリスク管理です。

危機管理が「すでに起きてしまった事態への対応」だとすると、リスク管理は「まだ起きていない事態に備えること」だと言えます。

「まだ起きていない事態に備えること」と言えば、これから工場、物流倉庫などの建設計画のある方は、しかり準備されていますか?
事前調査、土地選び、業者選定など、やることはたくさんあります!

その為、情報収集の一環として一度AGECへお問い合わせしてみませんか?きっと有益な情報が得られると約束します。

ご質問やお問い合わせ等お気軽にご連絡ください。